マルの三回忌



今日は薄く陽が射している。
通りにも。
歩道にも。


20121101.jpg


だから目一杯伸ばした鎖の先で、弱い陽射しを感じられる。
まだ冷たいアスファルト。
通りを行き交う車が残す冷たい風。


20121101-2.jpg


それでも昨日よりはマシだよね。
少なくても、目を閉じれば瞼に温もりを感じられる。


20121101-3.jpg


姫、もう少し待っていて。
2組で迎えに来るから。

それまで陽射しがここに残りますように!


20121101-4.jpg


今日はマルの三回忌。
29日のチェナの時同様、
線香をあげ、ロウソク一本の時を止める。


20121101-5.jpg


チェナが逝くのを待ち、見送るのを待って逝った、マル。
朝方5時、いつの間にかウトウトしてしまっていた。
気付いた7時に、マルはもう逝っていた。
一人で、しかも隣に居たのに壁の方を向いて。


20121101-6.jpg


全てを知るワンは、もうナインしか残っていない。

繁殖上がりで心を閉ざした黒柴のマル。
畑の真ん中で蹲っているのが出会いだった。


20121101-7.jpg


異常な母性本能と、
神経痛の関節の痛みと、
最後には下痢まで続いて逝ったマル。


20121101-8.jpg


その心が完全に直ることは、なかった。

寡黙で、動じず、散歩に行くのが好きだったマル。
散歩に行く瞬間に見せる、感情が、その表情が、嬉しかった。


20121101-9.jpg


そんなマルの、三回忌。
チェナから数えて3日目の、今日だった。

マル、ありがとう。


20121101-10.jpg


ソラが逝き、
チェナが逝き、
そしてマルが逝き、
ナインだけが残された。


20121101-11.jpg


しばらくナインは落ち込み、元気がなかった。
数ヶ月散歩にも行かなかった。


20121101-12.jpg


それが今では、こんな大所帯。
間違いなく、
先住猫たちと先住犬たちのお陰です!


20121101-13.jpg


20121101-14.jpg


20121101-15.jpg


20121101-16.jpg


20121101-17.jpg


さぁナイン、行こう。
みんな待ってるよ。


20121101-18.jpg

20121101-19.jpg

20121101-20.jpg


頑張って、行きましょう!


20121101-21.jpg

20121101-22.jpg

20121101-23.jpg

20121101-24.jpg

20121101-25.jpg


カフェ・ド・ピーゾに餌を補充し、
続けて2組の散歩に行ってきます!!





20121101-26.jpg


20121101-27.jpg


20121101-28.jpg


姫が日向ぼっこしてたあの場所は、
もう既に陽射しが過ぎ去った後でした。

ほんの少しの間だけ。


20121101-29.jpg


20121101-30.jpg


それを少しでも森で補えたらいいんですけどね。


20121101-31.jpg

20121101-32.jpg

20121101-33.jpg


仲間達と一緒に。

................................いや、仲間ってよりも、恋敵かなぁ!


20121101-34.jpg

20121101-35.jpg

20121101-36.jpg


20121101-37.jpg

20121101-38.jpg


今日の散歩は、陽射しのある方、ある方へ向かう散歩。


20121101-39.jpg


最近、夜の散歩で走りを入れるようにしたので、
昼間のデナリが少し大人しくなりました。
それはカイもノエルも同じかな。


20121101-40.jpg


姫にはなかなか思うようにはしてあげられないけれど、
せめて陽射しのある方へ。


20121101-41.jpg


陽射しを、ありがとう。








陽射し



バルトが森へ行く番。
さっきよりも陽射しが顔を覗かせた。

姫にも、再び温もりが届いている。


20121101-42.jpg


20121101-43.jpg


20121101-45.jpg


20121101-44.jpg


とうとう吐く息白く
その白さは僕を大人へと誘う
嬉しくて、それが嬉しくて
僕は何度も息を昇らせる
四角く閉ざされた夜空に向けて


20121101-46.jpg


満月は僕を照らす
僕の影には一羽のハトが隠れてる
心細くて、それが悲しくて
僕は暖色の月を眺める
限られた遥か頭上の自由な満月を


20121101-47.jpg


寄り添い上目遣いのジュピターは
独りぼっちの僕のよう
儚くて、それがたまらなく愛おしくて
望めぬアルデバランを想う
飛べぬハトがクウと鳴く


20121101-48.jpg


とうとう吐く息白く
その白さも箱舟を呼びはしない
仰ぎ見て、必死に凝視して
切り売りされる平和の象徴
今ではチップの中にハトが飛ぶ


20121101-49.jpg


四角い空が僕を襲う
アナログは葬られ、象徴は朽ちてゆく
象徴は自由を語り
象徴は閉じ込められる
遠い先の四角い空


20121101-50.jpg


僕は消されてく
飛べぬ羽をばたつかせ、消されてく
平和の象徴はモニタに映し出され
僕は消されてく


20121101-51.jpg


吐く息全てが白く
月は僕の空から過ぎ去った
夜空は冷たく、それがただただ寒く
僕は何度も息を昇らせる
盲目に鳴くハトと共に
四角く閉ざされた闇夜に向けて







今日の記事[2012/11/1] マルの三回忌



□ 今日の記事 □


●  マルの三回忌

●  陽射し


以上の2記事になります。




ハト吉



5度近くまで下がった今朝。
日中の予想も陽射しがあっても低め。
それはきっと、吹き止まない風のせい。


20121102.jpg


冷たい風が吹いてます。


20121102-2.jpg


20121102-3.jpg


20121102-4.jpg


車で2~3時間の距離の所の人から、ハトの相談を受けていた。
そのタイムリミットが今日。


20121102-5.jpg

20121102-6.jpg


幸い、ハトは自力で飛び立った。
閉ざされた場所から仰ぎ見た幾夜の月。

そこを飛び立っていった。


20121102-7.jpg


理不尽に歪められた自然の中へ。


20121102-8.jpg


野生の生命力はすごい。
でも自然は......造られた自然は、あまりにも不条理だ。


20121102-9.jpg


ハト通信として交わしたやり取り。
ハト吉と付けられた名前。
見つけた人の優しさに包まれて、ハト通信は終わった。


20121102-10.jpg


羽ばたき先を知る術はないけれど...
仲間達と合流し、
みんな一緒になって厳しい冬を乗り越えていって欲しい。


20121102-11.jpg


そう、思う。


20121102-12.jpg


20121102-13.jpg

20121102-14.jpg


20121102-15.jpg


ハト吉が落ちたのには訳があった。


20121102-16.jpg


体にベトベトなものが付着していたのだ。


20121102-17.jpg


見つけた人が一旦捕獲し、病院へ連れて行った。

そのベトベトは、強粘着材。
ネズミ捕りなどの罠で使うものらしい。


20121102-18.jpg


想像の域を出ないけど、恐らく......
猫やハトの駆除のために仕掛けられたネズミ捕り用の粘着材。
そこに餌を置いて誘き寄せる物の上に、ハト吉が降りてしまったのではないか。


20121102-19.jpg

20121102-20.jpg


必死になって、身を切る痛さに耐えて逃げ出し、落ちたハト。
片足が悪く、治る事はないそう。
片羽の収まりも悪く、上手く飛べないそう。


20121102-21.jpg

20121102-22.jpg


病院である程度粘着材を取ってもらい、再び同じ場所に放してくれました。
そこはある程度閉ざされた場所。
中庭のようなもの。


20121102-23.jpg

20121102-24.jpg


ハト吉自身も上へ飛ぶしかないような場所だけれど、
逆に外敵に襲われる心配も低くなる。


20121102-25.jpg

20121102-26.jpg


幾夜の月を眺めたんだろう。
どれほど高い四角い空へ羽ばたこうとしたんだろう。


20121102-27.jpg

20121102-28.jpg


見つけた人の優しさで、
協力してくれた人たちの温もりで、


20121102-29.jpg

20121102-30.jpg


ハトは、ハト吉として飛んだのかもしれない。


20121102-31.jpg

20121102-32.jpg


ピーゾが、ピーゾとして羽ばたいていったように。


20121102-33.jpg

20121102-34.jpg


ヒンヤリとした森の中でも、
風が止む僅かばかりはポカポカ暖かい。
今頃どこかでハト吉も、姫のような笑顔で陽に当たっているのかな。


20121102-35.jpg

20121102-36.jpg


空は青く雲は白いのに
僕らの行ないはどす黒い。


20121102-37.jpg

20121102-38.jpg


闘い歩く真っ直ぐな眼差しに、
僕らの怠惰はあまりにも野蛮だ。


20121102-39.jpg

20121102-40.jpg


オリーブを齧り、ハトを飛ばすけれど、
平和は辞書の中へと仕舞われる。


20121102-41.jpg


一羽の羽ばたきは小さく落ち葉を舞わせるだけ
一頭の一駆けは足音にすらならず、ふらつくだけ


20121102-42.jpg


それでも羽ばたき、
それでも歩く。








今日の記事[2012/11/2]



□ 今日の記事 □


●  ハト吉


以上の1記事になります。




今日は写真日記



20121102-43.jpg


ダークブルーの闇の夜空に
昼間の雲たちが置き去りにされてる
すっかり寒くなった夜散歩
気まぐれの冬風が吹き抜ける

指先を痺れさせる冬の風
命の重さが腕へと昇り響いてく
吐く息がいくつも浮かび消えていく
気まぐれだった冬風は常となる

そして幕は上がる
目の前の東の空
置き去りにされた雲間から闇夜に浮かぶ

そして幕は上がる
木星は月を越え
置き去りにされた雲を引き、月が奏でる

ダークブルーの闇夜に灯りが浮かぶ
月を越えた高みで木星は愛で
月は花恥ずかしさに再び雲間に隠れる
和服の袂で恥らうように

やがてオリオンが顔を見せる頃
再び夜空は闇雲に覆われた

寒き夜の、散歩道




20121103.jpg

20121103-2.jpg

20121103-3.jpg

20121103-4.jpg

20121103-5.jpg


かなり冷え込んだ朝方。
その寒さを持ち越して今日も陽射し無し。


20121103-6.jpg

20121103-7.jpg

20121103-8.jpg

20121103-9.jpg


姫も寒さに丸まっている。
バルトが散歩に出る頃には、陽射しが出て欲しいなぁー。


20121103-10.jpg

20121103-11.jpg


20121103-12.jpg


リンクに食べられてしまう前に、
小さな小さなドングリ、見つけた。



20121103-14.jpg

20121103-15.jpg

20121103-16.jpg

20121103-17.jpg


続いて2組の散歩。
やっと陽射しが出てきました!


20121103-13.jpg


20121103-18.jpg

20121103-19.jpg

20121103-20.jpg

20121103-21.jpg


やっぱり陽射しは、恵みだねぇ!


20121103-22.jpg

20121103-23.jpg

20121103-24.jpg


20121103-25.jpg


でも柿の実が揺れるほどの風も吹いてるけどね。


20121103-26.jpg

20121103-27.jpg


ピーゾたちも電線に揺れている。



20121103-28.jpg

20121103-29.jpg

20121103-30.jpg


バルトは念のためフリースを持ってきたけど、
陽射し残して風が止んでくれたようです。


20121103-31.jpg

20121103-32.jpg


今日は下痢も止まって快調に用も足せました。


20121103-33.jpg


今日のバルトの足取りは力強く、


20121103-34.jpg


あちこち匂いを嗅ぐ余裕もあり、


20121103-35.jpg


行きたい方へ引っ張ることもした散歩でした。


20121103-36.jpg


20121103-37.jpg


20121103-38.jpg










今日の記事[2012/11/3]



□ 今日の記事 □


●  今日は写真日記


以上の1記事になります。




ポカポカ陽気の長閑な日曜日



20121103-39.jpg



20121104.jpg


朝方はまだ冷え込んでいたものの、
陽が昇るとともに気温も上昇。

1組の時から、散歩日和の日曜日です!


20121104-2.jpg

20121104-3.jpg

20121104-4.jpg

20121104-5.jpg


外より気温の低くなる森の中に居て、
何度も欠伸に誘われてしまうほどの陽気。

みんなよかったねー。
やっと一息つけるね。

こっちも気を抜いて歩けるよ。
あっ、だから眠くなるのか。


20121104-6.jpg

20121104-7.jpg


昨日の夜の散歩は、まだら雲に覆われていた。

それから数時間。
散歩の間中見守った空の成り行き。


20121104-8.jpg

20121104-9.jpg


今日の朝の散歩とは関係ないことですが...............。

昨夜の、空。


20121104-10.jpg

20121104-11.jpg

20121104-12.jpg




夜空は一面まだら雲
放牧された羊たちが夜空を覆ってる

今日の月は望めないな


20121104-13.jpg

20121104-14.jpg


その時、
誰かがふーっと一息吹いた


20121104-15.jpg

20121104-16.jpg


西から東へ、ふーっと吹いた


20121104-17.jpg

20121104-18.jpg


みるみる羊たちが散り始める


20121104-19.jpg

20121104-20.jpg


やがて事象の隙間から星たちが瞬きだす
まるで新芽が力強く土から顔を出すように


20121104-21.jpg

20121104-22.jpg


ひときわ輝く木星は東の空高く
後星アルデバランも横に並ぶ


20121104-23.jpg

20121104-24.jpg


すばるはとうに天上へ昇り
やがて月も北東の地平を明るくするだろう


20121104-25.jpg

20121104-26.jpg


だがそこには羊たちの群れ
後追い月はまだ見えない


20121104-27.jpg

20121104-28.jpg


木星は昇り、月を置いてゆく


20121104-29.jpg

20121104-30.jpg

20121104-31.jpg


あと一吹き
東の空から誰かが吹いてくれたなら
赤ら顔した月が覗くのに


20121104-32.jpg

20121104-33.jpg

20121104-34.jpg

20121104-35.jpg


羊たちを従えた月は、さぞ綺麗だろう
その赤らんだ顔は、外に眠る命を温めてくれることだろう


20121104-36.jpg

20121104-37.jpg

20121104-38.jpg

20121104-39.jpg


昇りゆく木星に
月はまだ見えてはこない


20121104-40.jpg


この分だと後に続くオリオンも


20121104-41.jpg

20121104-42.jpg

20121104-43.jpg

20121104-44.jpg


誰かが一息吹いてくれたなら
温かい気持ちで命を繋げる事ができるのに



20121103-40.jpg











プロフィール
shoji5をフォローしましょう

SHOJI

Author:SHOJI
大いなる新人(犬)のブログへようこそ!

◆愉快な仲間たち◆

★fu 【フーちゃん】★


★kuro 【クロ】★


★nyankichi
【ニャン吉】★



★chena 【チェナ】from 茨城
~2010/10/29 ♀
13才で



★nain 【ナイン】
from 山梨
~2015/2/2 ♀
16才で



★maru 【マル】
from 埼玉
~2010/11/1 ♀
推定13才で



●mashu 【摩周】
from 静岡
(げっ歯類チンチラ)
~現在 : 16才 ♂



★sora 【空】
from 千葉
~2008/6/3 ♀
推定5才で



●Barrow 【バロー】
from 福島
~現在 : 推定8才 ♂




★Link 【リンク】
from 岡山
~2014/7/29 : ♂
推定 7歳ほどで



●ελπίζω 【ピーゾ】♀
from 近所
居候を経て巣立ち訓練中 → ほぼ巣立ち中 → 巣立って家族と共に:子スズメ → 若鳥 → 巣立




★Teto 【テト】
from 神奈川
~2016/10/22:♂
16才と6か月で



●Kai 【カイ】
from 神奈川
~現在 : 16才 ♂




★Noel 【ノエル】
from 宮崎
~2016/5/1 : ♂
16才4ヶ月ほどで★



●Denali 【デナリ】
from 島根
~現在 : 推定8才 ♂




★Balto 【バルト】
from 滋賀
~2013/11/2 : ♂
推定 16歳以上で



★Luna 【ルナ】
from 千葉
~2014/3/2 : ♀
推定 16歳以上で



★Juneau 【ジュノー】
from 栃木
~2012/12/11 : ♀
推定13才で



★Lib 【リブ】
from 北海道
~2014/9/14 : ♂
15才で



●Sakura 【サクラ】
from 近所
~現在 : 1才ほど ♂ 
[新しい家族の元へ]




★Elsa 【エルザ】
from 近所
~2013/9/12 : ♀
1才で



●Amber 【アンバー】
from 福島
~現在 : 推定 8~10才 ♀




★Cook 【クック】
from 森
2013/12/31
  ~2015/10/16
♂のニワトリ
推定 不明で



★Sym 【シム】
from 千葉
2014/2/3
  ~2014/2/4 : ♂
推定 14歳以上で



★Bunta 【文太】
from 神奈川
~2015/1/31 : ♂
推定 15歳で



★Eiger 【アイガー】
from 栃木
~2015/2/16 : ♂
推定 14~5才で



●Νίκη【ニケ】
from 栃木
~現在 :
推定 10~11才 ♀




●Rai【ライ】
from 栃木
~現在 :
推定 13~4才 ♀




★Blue【ブルー】
from 栃木
~2014/12/3 : ♂ 推定 15才以上(17~8才かも) で★



●cocoro【ココロ】from 福井
~現在 : 推定 4才 ♀




●Van【ヴァン】
from 岡山~岐阜
~現在 : 推定 12才 ♂




●Cleo 【クレオ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♀ 



●Roi 【ロイ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♂ 



●Lily 【リリィ】
from 近所
~現在 : 2才ほど ♀ 



●Hiko 【ヒコ】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Ron 【ロン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Gin 【ギン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♀ 



★Tango 【タンゴ】from 近所
~2016/8/20 : ♂
推定 15才ほどで★



★Noa 【ノア】
from 小さな森
~2015/12/22 :
性別不明
数日で目も開かぬうちに



●Fugu 【フグ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Yuzu 【ユズ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Len 【レン】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Poh 【ポー】
from 森の傍の畑
2015/4/26~4/27
森へと帰りました
推定 ?? のキジバト



●Orihime 【織姫】from 近所
~現在 : 18才 ♀ 
[毎日散歩]




●Hou 【ハウ】
♂ from 近所
~現在 : 8~9才  
[現在休止中]



------------------------------------

現在は8ワン
+1ワン(散歩)
9ニャン
1チンチラのマシュー
スズメのピーゾたち
ニワトリのクック
(★に)
キジバトのポー(★に)
になります。
仕事柄在宅なので、
常に一緒に居れる!
それ以外に何も無い
貧乏賃貸M暮らしですが
毎日楽しんでます!!

クック
朝の鳴き声
携帯用アドレス
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
◆ ブログランキング ◆

FC2Blog Ranking

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索