君想う心




20141227 (26)


ココロのことで
電話取材を受けました。


20141227 (27)


今年は...
新聞で始まり新聞で終わる年になりましたが、


20141227 (28)


垂れ流す事なく...

虐げる現実や、その兆しに対して、
ぶん殴ることのできる心でありたいです。


20141227 (29)


後先考えず、
保守にも回らず、
目前の間違いに立ち向かえる己で、ありたいです。


20141227 (30)


でもそれは、
火事場に参加した心配する心とは違うのです。


20141227 (31)


上手く言えないのですが...

虐待への怒り、
やった輩への殺してやりたいほどの思い...
それらは同じなのですが...

同じなのですが、
何て言うのか...

喩えるなら、
もぐったプールの中にいるような...


20141227 (32)


そこは無音で、
全てから遠ざけられていて、
視界はおぼろげで、
こちらも息を止めて命懸けで...

やっぱり...上手く言い表せませんが、

そこで見るのは、
その余裕があるのは、
目の前の生きている命だけなんです。

怒りや殺意などを通り越して、
それらは薄まり、
ただ、
目の前に出会った命に対する、一種の喜びというのか...

それが半身不随だろうが、
それが目を無くしていようが、
それが歩けないほどの老犬だろうが、
それが生まれたばかりの無垢な命だろうが、

全部、全てが同じなんです。

だから自分は、
仔犬や仔猫を見ても、
とくに可愛いとは思いませんし、
バローやリンクやココロを見ても可哀想だとは、思わないんです。

全てが同じにしか、見えないんです。


20141227 (33)


くだらない事を長々と書いてしまいましたが、

ココロのことが、
今日ネットの方の記事と、
朝刊の紙面に載りました。

ココロの記事

よかったら、
覗いてみてください。


20141227 (34)


それと、
昨日書けなかったのですが、

昨日、ココロやカイやアイガーが着ていた温かそうな服は、
いつもブログを見てくれ、
毎年のように温もれる服を手作りで贈ってくれる方から、贈られたものです。

ココロの服も、いち早く贈って頂き、
少し寒そうにしていたココロに着せることができ、
ありがたかったです。

その方自身も何頭もワンコを抱え、
ニャンコも抱え、
おまけに弱っていた野良ニャンも家族にし...
ギリギリのところで踏ん張っている方なのです。

自分などより遥かに忙しい方なのに...
うちのワンズの為に時間を割き温かさを贈ってくれている......

ありがたいことです。


そういうものに支えられ、

自分は、

今日も森を散歩できています。














大きい方の森





20141225 (36)


さあ、いこう

はじめての森へ


20141225 (38)


20141225 (37)


ともに眺めよう

いまある森を


20141225 (39)


土に伝えよう

喜び弾むその足音を


20141225 (42)


20141225 (41)


それは柔らかく君の足へと応え

君の探求は心を救う


20141225 (40)


20141225 (43)


耳を傾けよう

空の色を加味しながら


20141225 (44)


20141225 (45)


20141225 (46)


感じよう

鼓動に身をまかせて


20141225 (47)


君がいるよ

いま森に


20141225 (48)


森があるよ

君の中に


20141225 (49)


さあ、いこう



























森散歩二日目




20141224 (35)


ココロの番には、陽が射しました。

それはココロの持った温もりを表しているのかもしれません。


20141224 (36)


酷いことをされたココロ。

その傷は一生で、
その心も一生です。


20141224 (37)


でも捨てられた先の動物病院。

そこでココロの傷は回復へと向かい、
たしかにそれは、
現状で許された自然の治癒の範囲のことなのですが、
回復まで見守られ、


20141224 (38)


その日々で心の傷も癒え、
愛され、
大切にされ、


20141224 (39)

20141224 (40)


うちへやって来ました。


20141224 (41)

20141224 (42)


みんながココロとの別れを惜しみ、
でも信じて託してくれ、
横殴りの雪の中、
見えなくなるまで、ずっと、見送ってくれました。


20141224 (43)


だからココロも安心してその場を離れ、
いま、
ここに居てくれるんだと思います。


20141224 (44)


ココロが首から下げているバンダナは、
別れの時、
ココロへ贈られた気持ちです。


20141224 (45)


手作りのバンダナ。

ぼくはここに汚れをつけないよう...

心を引き継ぎ、

ココロの心を見つめていくだけです。



















ココロ、初の森散歩 20141223 (45)


触れることができました


やっと、

触れることが
できました


ココロ、初の森散歩 20141223 (46)


掻き分け、掻き分けし...

やっとたどり着き、
許され、

いや、
試され、


ココロ、初の森散歩 20141223 (47)


いま、

ココロはここにいます


ココロ、初の森散歩 20141223 (48)


なんて命は重いのか...


ココロ、初の森散歩 20141223 (49)


なんて命は尊いのか...


ココロ、初の森散歩 20141223 (50)


なんて命は満ちているのか...


ココロ、初の森散歩 20141223 (51)


命に代えても、


ココロ、初の森散歩 20141223 (52)


ココロ、初の森散歩 20141223 (53)


命なのです


ココロ、初の森散歩 20141223 (54)


わぁー可愛い、

お利巧そうねー、

優しい目ねー、


ココロ、初の森散歩 20141223 (55)


いろんなものの前に、

温かさを維持している
歴とした命なのです


ココロ、初の森散歩 20141223 (56)


ココロが、

家族になりました




























車窓から

福井県へココロの迎え 20141221~22



無事ココロを、迎えました。


福井県へココロの迎え 20141221~22 (1)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (2)


予定変更で名古屋...


福井県へココロの迎え 20141221~22 (3)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (4)


やっぱり、


福井県へココロの迎え 20141221~22 (5)


今日は写真のみにさせてもらいます。


福井県へココロの迎え 20141221~22 (6)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (7)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (8)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (9)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (10)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (11)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (12)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (13)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (14)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (15)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (16)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (17)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (18)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (19)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (20)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (21)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (22)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (23)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (24)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (25)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (26)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (27)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (28)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (29)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (30)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (31)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (32)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (33)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (34)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (35)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (36)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (37)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (38)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (39)



福井県へココロの迎え 20141221~22 (40)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (41)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (42)

福井県へココロの迎え 20141221~22 (43)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (44)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (45)


福井県へココロの迎え 20141221~22 (46)


ココロ、

無事に家族になりました。














ココロのこと





まだ迎える前だけれど...

迎えたわけでもないのに、少し偉そうに思うけれど...

ココロのことを書きます。




ココロのことを知ったのは、
たしか11月末頃の事だったと思います。

ニュースの記事で見て、

富士山犬や、崖っぷち犬のことを、思いました。


すぐに、

手厚い看病をしている動物病院に電話を入れました。

里親希望者は複数きているもよう...

その瞬間は安堵するのですが、

瞬間の先にある現実は...

僕らが築くか、あるいは容認してきた現実は、

安堵を容赦なく拭い去ります。


ブルーの死があり...

アイガーの複雑骨折が繋がったことがあり...

ライの手術があり...

それはそれ、
これはこれ、

僕らが築いた今の世は、
いつだってスマートさを求めてやまない。


それでもココロの事が気になり、

写真の横顔の、
あの目を見てしまったからには、唇を噛むしかなく。


傲慢で、勘違いで、
傷つけてばかりの己の無様さなのですが...

それでも、

あの目を和らげ、
いつの日か大きく深く深呼吸をしてもらい、

まぁいいか、
と、
安らげる日を.........

と思い、

二度目の電話を入れたところ、

どの希望者さんも辞退したようで...
決まりかけた話もあったようなのですが...
ご家族のご反対もおありになった.....いや、あった....か、

あったようで....

誰もいなくなって...........いました。




あの横顔に、
あの目に、

これ以上何を強いるのでしょう。

さらなる裏切りを...
それを与える先の苦悩を、
誰が想像するのでしょう。


僕らはすでに生きる為に、

今ではそれが方便にも聞こえるほど軽くなっていますが、

とにかく、

今を維持するために殺し食っている。



それはとてつもなくナイーブで、

動物としての人間にまで話は掘り下げられることだけど、

生きるため、
を、
良しとしているわけではないけれど

それ以前の命を、その心を、

置き去りにすることなどできやしない。



偉そうに長々と......

やっぱり、偉そうです。


痛めつけられ、見放された命を、
懸命に救い、愛し、繋げようとしていた人たちがいた。

その努力と想いと技術と...
その全てにお膳立てされ、
傷も癒され、
心も癒えつつある。

その大変なところの苦労は背負わず、
体よく迎えさせてもらう。

それが、実情です。







ココロ





ニュースを.......見た。


ひもで口元縛る?裂傷の犬置き去り 福井市の動物病院に
(2014年11月27日午前7時30分)

口の周りに線状の深い傷を負った雑種犬1匹が、福井市の動物病院に10月、
置き去りにされていた。
細いひものようなもので口元を縛られていた可能性が高いとみられる。
犬を保護した院長は「縛っていたのならば、愛護精神に反する行為。
かわいそうだと思わなかったのだろうか」と嘆いている。

犬は10月3日朝、同市花月3丁目の「さくら通り動物病院」前で見つかった。
ピンク色の首輪をしており、リードで入り口近くにつながれていた。
北岡大輔院長(40)によると、傷は幅約1センチで両あごを一周する形で皮膚が削られたような状態だった。
犬は2~4歳の雌で、発見時はかなりやせ細っていたという。

発見から2カ月近くがたち、体力的には回復しているが、
上唇と下唇の一部が欠損しており口を閉じても歯が見え、傷痕は痛々しい。

病院の監視カメラには同日午前1時ごろに、
車で訪れ入り口近くに犬をつなぐ人物が映っていた。
病院は同5日に福井署に届け出て、同署が映像確認などを行っている。

昨年9月に施行された改正動物愛護管理法は、
虐待に対する罰則を強化した。
また、石川県では男性会社員が飼い犬の前脚2本と口を
それぞれ結束バンドで縛って擦り傷を負わせたとして、
同県警が今月、同法違反の疑いで会社員を書類送検している。

北岡院長は「(置き去りにした)結果を見ると、
縛っていた口の周りがひどい状態になっていることに気付き、
それで捨ててしまったように映る。
動物の命を軽んじないでほしい」と話す。
病院は傷ついた犬の新しい飼い主を探している。



20141213 (47)







20141213 (48)


現在体重は5kgほど


20141213 (49)


手厚く看病され、
優しい心にも触れ、
君のあの目は深さを取り戻しつつある。

どれを想像しても、
なにを想像しても、

君には謝る言葉しか思い浮かばない。


それでもそこに愛があり、
ここにも、
愛はあると思っている。


それしかないのだけれど...

ここにいつでもいるからさ。

君も、

これからずっと、

ここに居よう。











プロフィール
shoji5をフォローしましょう

SHOJI

Author:SHOJI
大いなる新人(犬)のブログへようこそ!

◆愉快な仲間たち◆

★fu 【フーちゃん】★


★kuro 【クロ】★


★nyankichi
【ニャン吉】★



★chena 【チェナ】from 茨城
~2010/10/29 ♀
13才で



★nain 【ナイン】
from 山梨
~2015/2/2 ♀
16才で



★maru 【マル】
from 埼玉
~2010/11/1 ♀
推定13才で



●mashu 【摩周】
from 静岡
(げっ歯類チンチラ)
~現在 : 16才 ♂



★sora 【空】
from 千葉
~2008/6/3 ♀
推定5才で



●Barrow 【バロー】
from 福島
~現在 : 推定8才 ♂




★Link 【リンク】
from 岡山
~2014/7/29 : ♂
推定 7歳ほどで



●ελπίζω 【ピーゾ】♀
from 近所
居候を経て巣立ち訓練中 → ほぼ巣立ち中 → 巣立って家族と共に:子スズメ → 若鳥 → 巣立




★Teto 【テト】
from 神奈川
~2016/10/22:♂
16才と6か月で



●Kai 【カイ】
from 神奈川
~現在 : 16才 ♂




★Noel 【ノエル】
from 宮崎
~2016/5/1 : ♂
16才4ヶ月ほどで★



●Denali 【デナリ】
from 島根
~現在 : 推定8才 ♂




★Balto 【バルト】
from 滋賀
~2013/11/2 : ♂
推定 16歳以上で



★Luna 【ルナ】
from 千葉
~2014/3/2 : ♀
推定 16歳以上で



★Juneau 【ジュノー】
from 栃木
~2012/12/11 : ♀
推定13才で



★Lib 【リブ】
from 北海道
~2014/9/14 : ♂
15才で



●Sakura 【サクラ】
from 近所
~現在 : 1才ほど ♂ 
[新しい家族の元へ]




★Elsa 【エルザ】
from 近所
~2013/9/12 : ♀
1才で



●Amber 【アンバー】
from 福島
~現在 : 推定 8~10才 ♀




★Cook 【クック】
from 森
2013/12/31
  ~2015/10/16
♂のニワトリ
推定 不明で



★Sym 【シム】
from 千葉
2014/2/3
  ~2014/2/4 : ♂
推定 14歳以上で



★Bunta 【文太】
from 神奈川
~2015/1/31 : ♂
推定 15歳で



★Eiger 【アイガー】
from 栃木
~2015/2/16 : ♂
推定 14~5才で



●Νίκη【ニケ】
from 栃木
~現在 :
推定 10~11才 ♀




●Rai【ライ】
from 栃木
~現在 :
推定 13~4才 ♀




★Blue【ブルー】
from 栃木
~2014/12/3 : ♂ 推定 15才以上(17~8才かも) で★



●cocoro【ココロ】from 福井
~現在 : 推定 4才 ♀




●Van【ヴァン】
from 岡山~岐阜
~現在 : 推定 12才 ♂




●Cleo 【クレオ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♀ 



●Roi 【ロイ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♂ 



●Lily 【リリィ】
from 近所
~現在 : 2才ほど ♀ 



●Hiko 【ヒコ】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Ron 【ロン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Gin 【ギン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♀ 



★Tango 【タンゴ】from 近所
~2016/8/20 : ♂
推定 15才ほどで★



★Noa 【ノア】
from 小さな森
~2015/12/22 :
性別不明
数日で目も開かぬうちに



●Fugu 【フグ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Yuzu 【ユズ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Len 【レン】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Poh 【ポー】
from 森の傍の畑
2015/4/26~4/27
森へと帰りました
推定 ?? のキジバト



●Orihime 【織姫】from 近所
~現在 : 18才 ♀ 
[毎日散歩]




●Hou 【ハウ】
♂ from 近所
~現在 : 8~9才  
[現在休止中]



------------------------------------

現在は8ワン
+1ワン(散歩)
9ニャン
1チンチラのマシュー
スズメのピーゾたち
ニワトリのクック
(★に)
キジバトのポー(★に)
になります。
仕事柄在宅なので、
常に一緒に居れる!
それ以外に何も無い
貧乏賃貸M暮らしですが
毎日楽しんでます!!

クック
朝の鳴き声
携帯用アドレス
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
◆ ブログランキング ◆

FC2Blog Ranking

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索