ハーネス



まずはバルトの散歩。


20130207 (34)


気温は更に上昇し、
上着を脱がなければ暑いほど。
だからバルトも今日は何も着ないでの散歩です。


20130207 (35)


そして....................初コンビ!!
姫&バルト。

バルトは、どのワンに対しても噛みにいくので
距離感は必要なのですが。

お互い顔は知っているものの、
一緒に歩くのは初めて。
「お前誰だよ!」
「あなたこそ、誰よ!」
...........そんな感じでしょうか。


20130207 (36)


バルトと姫の家の前を通ると、
残り少ない陽射しに体を預けている姫が。

少し疲れている感じでしたが、
散歩に行った様子もなかったので、連れ出しました。
よかった、よかった。


20130207 (37)

20130207 (38)


リズムが違って...なかなか大変なコンビですが。
視界に入ってくる、慣れたワンズの姿じゃないので、新鮮です。


20130207 (39)

20130207 (40)


姫にとっては束の間の温もり。
また夜には氷点下まで下がる予報です。


20130207 (41)


だから今だけ。

きっと小屋の周りの陽射しはもう無い。
だから今だけ。

ほんとよかった、散歩に連れ出せて。

な、バルト。
バルト....、何気に嬉しそう?


20130207 (42)


今だけの陽射しを浴びて。
そろそろ森を出ます。


次は、ルナです!!



20130207 (43)


じゃぁ~ん!!

ルナ、初ハーネスです!!


20130207 (44)


11月19日に迎えたから............
約3ヶ月。
やっと、やっとハーネスとリードだねぇ。


20130207 (45)


病気は抱えたままだけど...
それでも、よかったよ!!


20130207 (46)

20130207 (47)



立ち上がり、
ヨロヨロし、
倒れ、
転げて、
でもまた歩いたからこその、今だよね。


20130207 (48)

20130207 (49)


歩き、
スキップし、
小走りし、
そして走った今日。


20130207 (50)


森に、感謝だね!!


20130207 (51)


森に、
そして傍にいるに違いない、ジュノーに。















あばら雲


空は薄く枯れている。


20130202 (15)


モノクロに近い青と白。


20130202 (38)


それでも温もりは陽射しを差し向け


20130202 (39)


命たちは強張った体を弛ませる。


20130202 (40)


バルトもルナも、今日の森を行く。


20130202 (41)


ふかふかになった落ち葉に足を労わってもらい
温められた地面から今日今までの陽気を知り
弛んだ森の空気に服を着せてもらって歩く。


20130202 (42)


ほんと、至れり尽くせりの散歩日和だね!


20130202 (43)

20130202 (44)


バルトの散歩は、散策が中心。
あっちを嗅いだと思ったら、こっち!
こっち嗅いだと思ったら......です。


20130202 (45)


だからなかなか前には進まない。

バルトぉ~、いい加減進もうよ。
ルナが待ってるぞ!!


20130202 (46)


20130202 (47)


そしてやっと、ルナの番。

ルナ、お待たせ!!


20130202 (48)

20130202 (49)


バルトとは正反対のルナ。
ルナの場合は、とにかく歩く...小走りする。
一切止まりません!


20130202 (50)


そしてたまぁ~に興味を示す匂いに対しては...
構わず突っ込んでいきます!!


20130202 (51)


すっかり引っ張り続けるようになったルナ。
もうハーネス散歩でも平気なんじゃないかと思える、ルナ。


20130202 (52)

20130202 (53)


つまづいたりもするけれど、
歩き続けてます。


20130202 (54)


何気に誰よりも歩いてるルナ。
大丈夫? とも思うのですが...........
とにかく本人が歩きたがってます。


帰りに見上げた空には...
あばらのような雲が浮かんでた。
どこかのワンコの...

こんなに暖かな空の下でも、ひもじさに泣いているかもしれない。
空腹にうずくまっているかもしれない。

空は平等にあるけれど
その先は僕らが背負う事。
喜び、感動し、分かち合って背負う事。

あばら雲は、世界中に浮かんでる。





ルナ、帰ろう。


















浮き草




20130201 (41)

20130201 (42)


僕は僕自身をどこに据えたらいいのか
浮き草のように漂う日々
太宰のようにマイナーコードを奏で
そこより洗練されたという時代に置き所を戸惑う
己という最も厄介な存在


20130201 (43)

20130201 (44)


襦袢に袖を通し帯をぎゅっと締め
万年筆を何度も握り直し
僕は僕の文字に震える


20130201 (46)

20130201 (45)


抱える頭に指を揉み
絡まる髪に生活を安堵する
明日も続く安住の日々
リンスの匂いに鼻腔が迎合する


20130201 (47)

20130201 (48)


僕の匂いはどこへ消えた
浮き草のように、漂う日々
根は何処へ届くのだろう


20130201 (49)

20130201 (50)


手を取り一歩先へ導くなかれ
そこにはすでに先客がたむろする


20130201 (51)


肩を抱き一歩先へ促すことなかれ
そこには裏切りが手ぐすねひいて待っている


20130201 (52)


襦袢に袖を通し帯をぎゅっと締め
万年筆を何度も握り直す
僕は僕の文字に震えてる


20130201 (53)

20130201 (54)


一歩先よりずっと先へ
浮き草が根を張るその時まで


20130201 (55)











ぬく寒い



20130125 (55)


今日も元気にバルト行く!


20130125 (56)


でもこの頃は............
ちょっと元気過ぎ!!

全てにおいて、我が侭さ爆発のバルトです。


20130125 (57)

20130125 (58)


風は弱まり、陽射しに温さが戻ってきた。

でも自己主張の強い雲は個別に形を誇示し、
シリウスのように孤高に空に浮かぶ。

そのお陰で地べたは、目まぐるしく寒暖が変わる。


20130125 (59)


そんな激しい陽射しの出入りに、
少しでも温もりをと、
バルトが着る服をめくったり........戻したり。


20130125 (60)


それでも2組時よりはかなりマシ!


20130125 (61)

20130125 (62)


ツガイのカモも、亀たちも。
水から上がって日向ぼっこ。
流れに漂う鯉たちも、
もしかしたら日向ぼっこがしたいのかもな。


20130125 (63)


バルトも目を閉じ、しばしの瞑想。


20130125 (64)


何か閃きましたでしょうか?


............................................................................


はい。
じゃあ、帰りましょう!



20130125 (65)


ピーゾの木には、スズメたちの実が生っている。


20130125 (66)


はいはい、ちょっと待ってよ!
餌の補充ねぇ。


20130125 (67)


ピーゾたちの餌を補充し、最後のルナの森。
今日のルナは、ずっと小走りです。


20130125 (68)


はいはい、先を急ぎましょっ!!


20130125 (70)


目まぐるしく変わる空。
上空の風は強そうです。


20130125 (69)

20130125 (71)


シッカリ大地を掴む後ろ足。
歩く事に安定が出て、
歩く事に自信が付いて、
歩く事が楽しくてしょうがない。
そんなルナの、散歩です。


20130125 (72)


小枝をひょいと飛び越え。


20130125 (73)


歩きながら上を向く。


20130125 (74)


楽しくて、
歩きたくて、
行きたくて、
もっと前に。
もっともっと前に。

何歩も前にある自分自身に
早く追いつこうと、つんのめる。


20130125 (75)


生とは動くこと。
何よりも、動けること。


20130125 (76)


いつの日か、補助要らずで。
いつの日か、森の先へ。


20130125 (77)


一緒に歩いていけたら、嬉しい。


20130125 (78)


ほんと。
何よりも、それが嬉しい。










力強く



20130124 (42)


命を、望もう
今から先への命を


20130124 (43)


命を、願おう
延命ではない活きるを


20130124 (44)


灯火は消えかかる事じゃない
消えんとして光を増すことでもない


20130124 (45)


ただ喜び生きること
望んで一歩を踏み出していくこと


20130124 (46)


尊い君の命


20130124 (48)


かけがえのない一己の命


20130124 (47)


君らが歩くから
僕も歩かせる


20130124 (51)


その足は己を成し


20130124 (50)


その身体が己を纏う


20130124 (49)


命を、望もう
今から先への命を


20130124 (52)


命を、願おう
延命ではない活きる力を










今日の3組



ホッとした。
風に温もりがさらわれてしまうんじゃないかと思ったから。
この頃は、バルトとルナの番になると寒くなっていたから。

ホッと、した。


20130112 (37)


1組の時よりも...
2組の時よりも、陽射しに包まれた森。
バルトもルナも、着る服を減らして散歩に出れて。


20130112 (38)


よかった。
この頃寒かったからね。
体調もイマイチだったでしょ。


20130112 (39)


ルナも、今日は調子が良い!

陽射しって......何なんでしょうねー。
温もりって、何なんだろう。


20130112 (40)


豊かさは命を育む。
それは思いやり。
それは気づかせぬもの、
それは、気づかぬもの。


20130112 (41)


人の浅はかさや
態や体など及ばぬもの。


20130112 (42)

20130112 (43)

20130112 (44)


時を越え、常識を超えて立ち直らせるもの。


20130112 (45)


それを信じ、
ただただ真っ直ぐに。


20130112 (46)


それを疑わず、
ただただ謙虚に。


20130112 (47)


僕らには、到底真似のできないもの。


20130112 (48)


今日の森は、温もりに溢れてる。


20130112 (49)


............だれか、来た?


20130112 (50)


あっ


20130112 (51)


あれ? 引っ込んだぞ。


20130112 (52)


....................とぼけてる。


20130112 (53)


やっぱり出てきた!

じいさんや...
ばぁさんや...


20130112 (54)


温もりは、何にも勝る。










愛って......



バルトとルナの散歩時から、一気に強風に変わった。


201312 (44)


生れ落ちた赤子に愛は、ない。
ただ受身の無垢がある、だけ。


201312 (45)


大人の愛は、ただ闇雲だ。
打算と駆け引きの先に、瞑想していく。


201312 (46)


じゃあ愛は、どこにある?


201312 (47)


それはきっと、
喉の奥を震わす.........嗚咽する瞬間の微動にある気がする。


201312 (48)


その瞬間の微動を通り過ぎた、壁一枚先から...
愛は汚れだす。
舞い降る雪の結晶のように。


201312 (49)


舞い降り、世に届いた雪の結晶のように。


201312 (50)


愛は己を殺し、相手を生かす。


201312 (51)


己がぬくぬくと生き、
相手に強いるのは.........

己も相手もぬくぬくと、っと、夢見るのは...........


201312 (52)


愛とは、どこに彷徨っているのだろう。










陽射し



陽射しが、出た。


20121223 (49)


嘘のように、日が射した。


20121223 (50)


ジュノー、ありがとう。
森に、そう言っていた。
落ち葉が、降ってきた。


20121223 (51)


長くは続かない陽射し。
空は真上だけが晴れている。


20121223 (52)


でもこれで充分。
バルトとルナには、誰よりも陽射しが必要だ。


20121223 (53)

20121223 (54)


風も無く、静寂の奥の森はそのままに。
鳥達が一斉に枝から枝へ、
木から木へとすぐ傍を通り越していく。
何種類も、何種類も。


20121223 (55)


僅かな陽射しだけど、充分温まってきた。
森の木々が一斉に自らの靴下の穴を開け、
バルトとルナにくれたのかもしれない。


20121223 (56)


お陰でルナの日向ぼっこもできた。


20121223 (57)

20121223 (58)

20121223 (59)


お陰でバルトの散策の足が弾んだ。


20121223 (60)


今日のバルトとルナは、あちこち嗅ぎ回って
なかなか前に進まない。
身体にも心にも、それだけ余裕が出てきた証拠。


20121223 (61)


よかったなぁー、バルト。


20121223 (62)


よかったね、ルナ。


20121223 (63)


なんとなく、帰りにまた...
ジュノーにお礼を言った。
落ち葉が降ってきた。


20121223 (64)


どれもこれもが偶然だけれど、
僕らは偶然を糧に生きている。

それだけだ。










おしどり夫婦(?)



晴天厳冬とでも言うのだろうか?
青く澄んだ良い空なのに、かなりの寒さです。
風も冷たく強い。


20121219 (38)


バルトとルナには少し心配でしたが......
それは取り越し苦労と言うもの!
そうバルトが言っているようです。


20121219 (39)


今日のルナ、
初めて頭を上げ前を向いての散歩になりました。
バルトの時もそうだったけれど、下しか向けなかった散歩の日々。
そこからの本人の生きる意欲が、前を向けるまでに回復させた。


20121219 (40)


20121219 (41)


20121219 (42)


もちろん、バルトもルナも手放しでは喜べない。
医者も見離した死への現実は抱えたまま。
苦しさに夜中中鳴いている事もしばしば。


20121219 (44)


それでも、前を向いた。

こんなに寒い日なのに。
こんなに冷たい風が吹いてるのに。


20121219 (43)


一番大きく、15cmは穴の開いていた床ずれも、
穴が塞がりました。
浸出液もなくなりました。
匂いもほぼ消えました。


20121219 (45)


僕らはみんな生きている ♪


20121219 (46)


歌だけが一人歩きしている今の時代。

大上段から僕らは、何を言えるんだろう。












3組



20121216 (21)


朝より風は強さを増しました。
でもその風も冷たくない。
まだまだシャツ一枚でも平気な陽気です。


20121216 (22)


やっぱり陽射しと暖かさなんですね。
今日のワンズを見ていて、実感しました。
もれなくみんな、嬉しそうでした。


20121216 (23)


相変わらず右後ろ足を痛そうにしているルナですが、
歩きたい、歩かせろ、という欲求に溢れてました。


20121216 (24)


命を救い、繋いでくれる陽射し。
ジュノーにも今日の温もりを感じさせてやりたかったです。


20121216 (25)


確かな自然と陽射しさえあれば。


20121216 (27)

20121216 (28)


僕らなど、要りはしない。


20121216 (29)

20121216 (30)


必死に摑まり、ぶら下がっているのは僕らなんだと。
知るべきです。


20121216 (31)


隣を歩かせてもらっているのは、僕ら。


20121216 (32)


労わってもらってるのは、僕ら。


20121216 (33)

20121216 (34)


虚勢を張るのは、いつだって僕らなんだと。


20121216 (35)


なんて暖かな日なんだろうね。


20121216 (36)

20121216 (37)

20121216 (38)


だから、苦しくたって、痛くたって、立つんだよね。


20121216 (39)

20121216 (40)


明日は再び寒くなるようだから...
今日充分温まろう。


20121216 (41)


ありがとう。



1&2組の記事でお願いを書きましたが...
どうか皆さん、よろしくお願いします!!





- おまけ -

20121215 (32)

20121215 (33)

20121215 (34)

20121215 (35)


戴いた低反発クッションで、
気持ち良さそうに眠るルナです。
忙しくって......なかなか戴いたものを開ける事もできていません。
本当に、ごめんなさい。
でも一つ一つ、心を感じながら開けさせて頂きます!
ありがとうございました。










プロフィール
shoji5をフォローしましょう

SHOJI

Author:SHOJI
大いなる新人(犬)のブログへようこそ!

◆愉快な仲間たち◆

★fu 【フーちゃん】★


★kuro 【クロ】★


★nyankichi
【ニャン吉】★



★chena 【チェナ】from 茨城
~2010/10/29 ♀
13才で



★nain 【ナイン】
from 山梨
~2015/2/2 ♀
16才で



★maru 【マル】
from 埼玉
~2010/11/1 ♀
推定13才で



●mashu 【摩周】
from 静岡
(げっ歯類チンチラ)
~現在 : 16才 ♂



★sora 【空】
from 千葉
~2008/6/3 ♀
推定5才で



●Barrow 【バロー】
from 福島
~現在 : 推定8才 ♂




★Link 【リンク】
from 岡山
~2014/7/29 : ♂
推定 7歳ほどで



●ελπίζω 【ピーゾ】♀
from 近所
居候を経て巣立ち訓練中 → ほぼ巣立ち中 → 巣立って家族と共に:子スズメ → 若鳥 → 巣立




★Teto 【テト】
from 神奈川
~2016/10/22:♂
16才と6か月で



●Kai 【カイ】
from 神奈川
~現在 : 16才 ♂




★Noel 【ノエル】
from 宮崎
~2016/5/1 : ♂
16才4ヶ月ほどで★



●Denali 【デナリ】
from 島根
~現在 : 推定8才 ♂




★Balto 【バルト】
from 滋賀
~2013/11/2 : ♂
推定 16歳以上で



★Luna 【ルナ】
from 千葉
~2014/3/2 : ♀
推定 16歳以上で



★Juneau 【ジュノー】
from 栃木
~2012/12/11 : ♀
推定13才で



★Lib 【リブ】
from 北海道
~2014/9/14 : ♂
15才で



●Sakura 【サクラ】
from 近所
~現在 : 1才ほど ♂ 
[新しい家族の元へ]




★Elsa 【エルザ】
from 近所
~2013/9/12 : ♀
1才で



●Amber 【アンバー】
from 福島
~現在 : 推定 8~10才 ♀




★Cook 【クック】
from 森
2013/12/31
  ~2015/10/16
♂のニワトリ
推定 不明で



★Sym 【シム】
from 千葉
2014/2/3
  ~2014/2/4 : ♂
推定 14歳以上で



★Bunta 【文太】
from 神奈川
~2015/1/31 : ♂
推定 15歳で



★Eiger 【アイガー】
from 栃木
~2015/2/16 : ♂
推定 14~5才で



●Νίκη【ニケ】
from 栃木
~現在 :
推定 10~11才 ♀




●Rai【ライ】
from 栃木
~現在 :
推定 13~4才 ♀




★Blue【ブルー】
from 栃木
~2014/12/3 : ♂ 推定 15才以上(17~8才かも) で★



●cocoro【ココロ】from 福井
~現在 : 推定 4才 ♀




●Van【ヴァン】
from 岡山~岐阜
~現在 : 推定 12才 ♂




●Cleo 【クレオ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♀ 



●Roi 【ロイ】
from 小さな森
~現在 : 3才ほど ♂ 



●Lily 【リリィ】
from 近所
~現在 : 2才ほど ♀ 



●Hiko 【ヒコ】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Ron 【ロン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♂ 



●Gin 【ギン】
from 福岡
~現在 : 2才半ほど ♀ 



★Tango 【タンゴ】from 近所
~2016/8/20 : ♂
推定 15才ほどで★



★Noa 【ノア】
from 小さな森
~2015/12/22 :
性別不明
数日で目も開かぬうちに



●Fugu 【フグ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Yuzu 【ユズ】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Len 【レン】
from 小さな森
~現在 : 1才ほど
 ♂




●Poh 【ポー】
from 森の傍の畑
2015/4/26~4/27
森へと帰りました
推定 ?? のキジバト



●Orihime 【織姫】from 近所
~現在 : 18才 ♀ 
[毎日散歩]




●Hou 【ハウ】
♂ from 近所
~現在 : 8~9才  
[現在休止中]



------------------------------------

現在は8ワン
+1ワン(散歩)
9ニャン
1チンチラのマシュー
スズメのピーゾたち
ニワトリのクック
(★に)
キジバトのポー(★に)
になります。
仕事柄在宅なので、
常に一緒に居れる!
それ以外に何も無い
貧乏賃貸M暮らしですが
毎日楽しんでます!!

クック
朝の鳴き声
携帯用アドレス
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
◆ ブログランキング ◆

FC2Blog Ranking

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索